冠婚葬祭のマナー本について

冠婚葬祭とは結婚式やお葬式、成人式、お盆などの行事を表します。
20代の社会人になりたての頃はまだそうゆう冠婚葬祭の常識や作法がわからない人も多く、本屋には沢山のマナー本がならんでおり若い世代を中心に人気です。
辞書のような分厚いものもあれば、ミニブックなどA5サイズのものもあります。
おすすめするのは後者のミニサイズのものです。
なぜなら辞書のようなものを買ったら持ち歩きが出来ないからです。
週末や通勤電車など暇な時に「気軽」に読めて頭にすっと入ってくるくらいが「丁度良い」のです。
何も試験を受けるわけではないので、合格を気にする必要はありません。
最低限のマナーや基本的なルールが守れていれば浮いたり常識がないと判断される事はないわけですから、そこまで気を張らずにいて大丈夫です。
行事の主人公に対してどうゆう心構えで挑むべきか、自分はどうゆう立場なのか、そうゆう心の準備の方がマナーより何よりも大切だと思います。